Friday, November 20, 2020

コロナ治療薬創出プログラムの進捗を更新しました

 

みなさんこんにちは。

IR&コーポレートストラテジー部長の野村です。

 

本日、新型コロナウイルス(COVID-19SARS-CoV-2とも呼びます)に対する治療薬創出プログラムの進捗をリリースしました。また、数日前ですがファクトシート(当社HP→株主・投資家情報→投資家の皆様へ→最新IR情報→ファクトシート)を更新しましたので合わせてご報告します。ファクトシートはご存じのない方もいるかと思いますが、概ね四半期ごとに更新しており、その名の通り我々にとって重要な「ファクト」である論文数、構造解析数、最新のパイプラインの状況などを整理しています。今回の更新でも、直近で進捗があったパイプラインと構造解析数(前回280個→今回300個)を主に更新しています。構造解析数の増加は実はとても大切なのですが、長くなりますので、また今度の機会に本ブログで紹介させてください。

 

さて、本日のメインテーマは新型コロナウイルス治療薬創出プログラムです。これは今年の4月14日に研究開発の開始を発表していたもので(リリース)、今回、有望な化合物候補が得られたので、データと合わせて発表しました(リリース詳細)。本プログラムの最大の目的は、我々が持つ世界最先端レベルの構造解析技術を、今回のパンデミックの解消や将来のウイルス変異によって起こりえるパンデミックの防止に役立てることで、創薬企業としての社会的な責任をしっかり果たしていくことにあります。加えて、比較的詳細なデータを含めて開示したのは、リリース内で当社のチーフ・サイエンティフィック・オフィサーのマイルスがコメントした通り、新たなパートナーとの協力を通じて開発を前進させたいとの想いからです。

 

このプログラムの背景や我々の目指す治療薬の位置づけなどは、細かいですが以下に詳述しますので、ご興味がある方はご覧ください。

 

尚、このプログラムは当社が中心となり、シンジーン・インターナショナル、DomainexFideltao2h DiscoveryPiramal、ウーシー・アップテック、MRC分子生物学研究所などと協業して、新型コロナウイルス治療薬のターゲットとして有望視されているMain プロテアーゼ(以下、Mpro)に対し、動物実験で高い活性があるだけでなく、経口投与できる可能性の高い体内動態を示す化合物候補を、開始7か月という短期間で獲得できました。手前味噌になりますが、バイオテクノロジーとIT技術を融合した我々のプラットフォーム技術StaR/SBDDが有用な創薬ツールであることも、今回の件を通じて垣間見えたのではないかとも思っています。

 

今後とも、どうぞよろしくお願いします!

 

------------------------------------------------------------------------------(背景の詳細)------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルスの治療方法としては、現在、大きく「ワクチン」「抗ウイルス薬」「対症療法薬」の3つの開発が進んでいます。これらが比較的よくまとまったHPとしては、世界最大のバイオ企業の業界団体であるBioが発表しているBIO COVID-19 Therapeutic Development Trackerなどがあります。これによると現在、世界で進む開発品の数は773本で、およそ1/4が「ワクチン(194本)」、1/4が「抗ウイルス薬(213本)」、残り半分が「対症療法薬(366本)」という割合になっています。なお、蛇足ですが世界の感染状況などの把握にはWorldmeterWHOが参考になります。

 

嬉しいことに、最近ではワクチン開発でいくつかの成功が発表されています。ただ、ワクチンがあれば他の治療方法がいらないかといえば、そうではありません。これは新型コロナウイルスよりずっと昔から様々な治療法開発が進められてきた、インフルエンザを考えれば自然なことです。インフルエンザに対しては、ワクチンがあり、抗ウイルス薬(タミフル、ゾフルーザなど)があり、対症療法薬(アセトアミノフェンなど)があります。これらが何重にも防波堤を作って、社会全体では基本的にインフルエンザはそれほど怖くない病気になっています(但し、高リスクの方は要注意です!)。新型コロナウイルスも将来的には、このように治療体系が確立すると思われます。

 

さて、この中で「抗ウイルス薬」の中身をさらに見てみると、現在は主に新型コロナウイルスに対する抗体が約半分を占めています。ただ、これらはどうしても注射剤になること、価格が高くなりやすいこと、ウイルスの変異に弱い場合が多いこと、などから、基本的には重症者への使用が主になります。残りの半分の中に、現在よく目にする抗インフルエンザ薬のように軽度~中等度でも幅広く使用できる可能性がある薬が含まれており、メカニズムとして多いのは「ウイルスの複製を抑える薬」と「ウイルスの細胞侵入を防ぐ薬」です。これらは既存の抗インフルエンザ薬などでも検討が重ねられた、ある程度、確立した作用メカニズムでもあります。当社の新型コロナウイルスの治療薬候補は、この「複製を抑える薬」に該当します。

 

その中でも我々がMproをターゲットとした理由は、Mproが複製の中でも根幹を担うタンパク質で、今回の新型コロナウイルスだけではなく、将来の変異したウイルスに対しても有効な可能性が高いこと、また、タンパク質の構造を精密に分析できる我々のStaR/SBDDを含めた創薬ノウハウを駆使することにより、経口投与可能な最適な化合物を、素早く獲得できる可能性が高いターゲットだと考えたためです。

 

実際にMproは、新型コロナウイルスに対する有望な標的タンパク質であることが報告されて以降、世界中で研究が開始されています。代表的なのは6月に有名科学雑誌「Science」に論文として掲載された2つの薬の候補ですが、これら2つの薬の候補の活性はIC50=0.053μM0.040μMだったのに対し、今回の我々の治療薬候補はIC50=0.02と、これら2つより強い活性を示すことができました(IC50は値が低いほど活性が強い)。また、Mproをターゲットとした新型コロナウイルス治療薬候補としては現在1本のPhase1試験が開始されていますがこれは注射剤で、我々は経口で投与可能な体内動態を示す化合物を得られている点がメリットだと考えています。

 

今回は内容がやや込み入っていたため長くなってしまいました。ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

202012月期の進捗(主に今期収入と関連するものを主に抜粋)】
(発表日)                                 (内容)                                                      (今期PLの売上げと関連する部分)
625 参考/2Q           アッヴィとの新規創薬提携                       複数年で受領する契約一時金と初期マイルストーン合計:最大 32 百万ドル
629 参考/2Q           エナジアが日本で承認を取得                  マイルストーン:1.25百万ドル
77  参考/3Q           エナジアが欧州で承認を取得                   マイルストーン:5百万ドル
928 参考/3Q           ファイザー社が臨床試験を開始              マイルストーン:5百万ドル
11月2日 (参考)/4Q           HTL0014242をTempero社に導出                契約一時金:非開示

Wednesday, November 11, 2020

3Q決算を発表しました

みなさんこんにちは。

IR&コーポレートストラテジー部長の野村です。

 

本日、3Q決算を発表させていただきました。詳細な数字は決算短信(参考)をご覧いただきたいのですが、3Q累計(1-9月)では売上高44.4億円、営業赤字12.2億円、3Q単独(7-9月)では売上高19.3億円、営業赤字0.8億円となりました。以下の「202012月期の進捗」にも書かせていただいた通り、3Qの売上高にはエナジアの欧州承認(参考)とファイザーの臨床試験開始(参考)で合計10百万ドルのマイルストーン収入が含まれています。なお、先日発表させていただいたTempero社へのHTL0014242の導出に伴う一時金(金額非開示)は、4Qの売上高として計上されます。3Q累積での売上高の内訳は以下の通りです。

 

3Q累積の売上高の内訳と主な内容(決算短信P8)】
マイルストン収入及び契約一時金          19.6億円(主に、アッヴィとの一時金の一部、エナジアの日欧での承認、ファイザーの新規臨床試験開始)
ロイヤリティ収入                                         17.6億円(主に、ノバルティス社からのシーブリ、ウルティブロ販売に伴うロイヤルティ)
その他                                                                 7.2億円
---------------------------------------------------------------------------------------
合計                                                                    44.4億円

 

さて、2012月期は既に残り2か月を切りましたが、我々は決算短信、ビジネスハイライトに書かせていただいた通り「当連結会計年度内には新規提携に伴う一時金およびマイルストンに関する収益を見込む。(ビジネスハイライトP2)」をまずは達成すべく、全社一丸となって取り組んで参ります。

  

また、決算の数字以外では928日発表したファイザーの2つ目の臨床試験の開始(参考)について、公表できていなかった対象の病気やターゲットですが、開発コード:PF-07054894、対象疾患:炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel DiseaseIBD)、ターゲット:CCR6、と新たに公表させていただきました(決算短信P5-6)。CCR6をターゲットとして臨床フェーズに進んだ開発品候補はこれが初めてなので、一般的に、開発が順調に進めばファーストインクラスの治療薬となる可能性があります。尚、Pfizer社は1027日にパイプラインリストを更新しており、そちらでも本開発品を確認いただけますPfizer PipelineP6)。今回の開示などを受けて、以前ご紹介させていただいた我々のStaR技術/SBDDから生まれ臨床試験に進んだプログラムについて、以下のようにアップデートさせていただきます!


【当社のStaR技術/SBDDから臨床試験に進んだプログラム】※ブルーが前回(9/28)からのアップデート

 (開発品)                (ターゲット)     (対象疾患)                                      (提携先)                               (開発段階)

1. AZD4635              アデノシンA2a     前立腺がん/複数の固形がん            アストラゼネカ社                         Phase2
2. HTL0016878        ムスカリンM4      アルツハイマー病                               アッヴィ社                                      Phase1
3. HTL0018318        ムスカリンM1      アルツハイマー病                               アッヴィ社                                      Phase1(自主中断中)
4. HTL0009936        ムスカリンM1      アルツハイマー病                               アッヴィ社                                      Phase1(18318と異なるプロファイル)
5. PF-07081532       GLP-1                      2型糖尿病/肥満                                   ファイザー社                                  Phase1
6. PF-07054894       CCR6                        炎症性腸疾患                                        ファイザー社                                  Phase1
7. HTL0014242        mGlu5                      物質使用障害/不安障害                     Tempero                                       Phase1
8. HTL0030310        SSTR5                       内分泌障害                                             探索中/交渉中                               Phase1

 

今後とも、どうぞよろしくお願いします!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

202012月期の進捗(主に今期収入と関連するものを主に抜粋)】
(発表日)                                 (内容)                                                      (今期PLの売上げと関連する部分)
625 参考/2Q           アッヴィとの新規創薬提携                       複数年で受領する契約一時金と初期マイルストーン合計:最大 32 百万ドル
629 参考/2Q           エナジアが日本で承認を取得                  マイルストーン:1.25百万ドル
77  参考/3Q           エナジアが欧州で承認を取得                   マイルストーン:5百万ドル
928 参考/3Q           ファイザー社が臨床試験を開始              マイルストーン:5百万ドル
11月2日 (参考)/4Q           HTL0014242をTempero社に導出                契約一時金:非開示

Thursday, November 5, 2020

提携・導出先の大手企業の3Q決算が出揃いました!

みなさんこんにちは。

IR&コーポレートストラテジー部長の野村です。

 

決算シーズンになりました。我々の3Q決算は来週の11/11(水)に発表予定ですが、一足先に海外の主な提携・導出先の決算・決算説明会資料が出そろいましたのでご報告させて下さい。尚、ここでご報告するのは、提携・導出先の中でも臨床試験(ヒトでの試験)より先に進んでいるノバルティス社、アストラゼネカ社、アッヴィ社、ファイザー社の4社とさせていただきますのでご了承下さい。主に進展があった点としては、アストラゼネカ社がAZD4635について新たなPhase2試験を開始したことかと思います(当社の新たなマイルストーンは受領はありません)。


●ノバルティス社(3Q決算)

販売中:シーブリ
販売中:ウルティブロ
販売中:エナジア
Interim financial reportP13, P47, P48

決算関連資料にシーブリ、ウルティブロ、オンブレスの売上高が「Ultibro Group」として公開されています(この中でオンブレスは当社からの導出品ではありません)。コメントからは、3Q単独ではシーブリ、オンブレスの売上げは減少したものの、ウルティブロの売上げが大きく伸びたため、Ultibro Group全体では前年同期比で6%の成長(USドルベース)となった模様です。3Qまでの累計では、ほぼ前年同期並みとなっています。エナジア単独での売上高はまだ公開されていません。 

注:ノバルティス社資料を当社にて翻訳



●アストラゼネカ社(3Q決算)

Phase2試験中:AZD4635
Presentation P30, P35
Clinical trials appendix
P44

決算関連資料では、3Qに新たに前立腺癌に対する対象患者160名としたPhase2試験が、米国、欧州、英国、韓国で開始されたとされています。これでAZD4635に対して行われているPhase2試験は2つ目となります(NCT04089553NCT04495179)。新たなPhase2試験もこれまでと同じ前立腺癌が対象ですので、これまでに発表していない通り当社は追加のマイルストーンは受領しません。新しいPhase2試験(160名)は従来のPhase2試験(90名)の2倍弱の規模となり、また、これまでにない併用となるAZD4635+ Imfinzi + cabazitaxelの投与群が設定されています。



●アッヴィ社(買収により旧アラガン社の資産を取得。以下は取得当時の状況)(3Q決算)

Phase1試験中断中AGN-242071(M1)
Phase1試験中AGN-242626(M4)
決算関連資料に主なアップデート無し



●ファイザー社(3Q決算)

Phase1試験中:PF-07081532
Phase1試験中:非公開のターゲット
Pfizer PipelineP7

決算関連資料ではありませんが、決算当日(10/27)に開発品のリストが同時に更新されています。PF-07081532GLP-1Rアゴニスト)は引き続き、2型糖尿病と肥満症を対象にPhase1試験中とされています。また、928日に発表した通り(参考)、2つ目の開発品の臨床試験が開始していますが、申し訳ありませんが現時点では私の口からは追加では何も申し上げられません。ごめんなさい!


今後とも、どうぞよろしくお願いします!

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

202012月期の進捗(主に今期収入と関連するものを主に抜粋)】

(発表日)                                 (内容)                                                      (今期PLの売上げと関連する部分)

625 参考/2Q           アッヴィとの新規創薬提携                      複数年で受領する契約一時金と初期マイルストーン合計:最大 32 百万ドル

629 参考/2Q           エナジアが日本で承認を取得                  マイルストーン:1.25百万ドル

77  参考/3Q           エナジアが欧州で承認を取得                   マイルストーン:5百万ドル

928 参考/3Q           ファイザー社が臨床試験を開始              マイルストーン:5百万ドル

112 参考/4Q           HTL0014242Tempero社に導出                契約一時金:非開示

Tuesday, November 3, 2020

HTL0014242をTempero Bio社に導出しました

みなさんこんにちは。

IR&コーポレートストラテジー部長の野村です。


昨日リリースの通り、我々が現在Phase1試験中のHTL0014242(mGlu5 NAM)Tempero Bio社に導出しました。米国西海岸との同時発表だったので、日本時間では夜遅くの発表となってしまって申し訳なかったです。今回、金額は残念ながら非開示なのですが、我々はTempero Bio社から契約一時金とTempero Bio社の株式を受領し、さらに将来開発が進めばマイルストーン、ロイヤルティを受け取ることになります。Tempero Bio社は、Aditum Bio社(ベンチャーキャピタル*)と我々が今回の開発のために創設した新会社になりますので、上期の決算説明会資料(参考)のP16に書かせていただいた今期の目標残り2つのうちの1つ、「ベンチャーキャピタルによる長期のアセット特化型企業を創設」に該当します。

 

Aditum Bio社は2019年に設立された新しいベンチャーキャピタルですが、共同創業者として2010年~2018年まで世界的大手製薬企業ノバルティス社のCEOを務めたジョー・ヒメネス氏や、2002年~2016年までノバルティスバイオメディカル研究所(NIBR)の所長を務めたマーク・フィッシュマン氏が名を連ねる、業界では非常に著名かつ尊敬を集めるベンチャーキャピタルの1社です。今回、我々とのTempero Bio社設立のニュースを受け、早速、多くの海外メディアに記事を書いていただいており、業界内でのインパクトの大きさを感じていただければと思います。Aditum Bio社にはHTL0014242(新開発コード:TMP-301)の全疾患に対する権利を導出していますが、まずは物質使用障害(Substance Use DisorderSUD)および不安障害での開発が進む予定です。

 

【海外系メディアの反応(一部は有料なので残念ですが全文はご覧いただけません)

l  ReutersJapan's Sosei allies with ex-Novartis team to develop neurological drug pipeline

l  Endpoints article:Joe Jimenez has one more thing to do in biopharma. And now he and Mark Fishman have a $133M stake to play the startup game

l  STAT articleStealth’ VC firm Aditum Bio launches its second biotech startup

l  FIerceBiotechNovartis alums Jimenez, Fishman unveil their next act: Aditum Bio

l  BioWorldFormed by former Novartis CEO, Aditum Bio fund looks to target treatment gaps

l  Business WeeklySosei Heptares cashes in on new Cambridge-California business enterprise

l  PR NewswireAditum Bio, Co-Founded by Novartis Veterans Joe Jimenez and Dr. Mark Fishman, forms Second Company

l  BioSpectrum:Sosei Heptares and Aditum Bio to advance clinical program for neurological diseases

l  Pharma IntelligenceFinance Watch: Joe Jimenez Ventures Into Start-Up World Via Aditum


さて、これだけ見てもちょっとよく意味が分からない、という方も多いと思いますので、以下、少し細かいですが本契約の背景などを解説します。ご興味のある方はご覧ください。我々は今回の進捗を素直に喜んでいますが、引き続き我々の研究開発が病気で苦しむ患者さんのお役に立つことを心から願い、今回の進捗に満足することなく、さらに前進して参る所存です。

 

今後とも、どうぞよろしくお願いします!

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------(背景の詳細)---------------------------------------------------------------------------------------------------

通常、我々のようなバイオベンチャーが開発品を導出するとき、よくある導出先は大手製薬企業になります。我々で言えはアッヴィ社(ムスカリンシリーズ)やアストラゼネカ社(AZD4635)との契約です。このような大手製薬企業との契約には数多くのメリットもある一方で、一般的にリスクになるのは、相手企業の経営方針全体が変わって開発が遅延・中止したり、仮に開発が大成功しても事前に設定したマイルストーンやロイヤルティ率以上のリターンが、バイオベンチャー側には無いことなどです。

 

そうしたリスクを避けるため、我々は数年前からベンチャーキャピタルと共同で新会社を設立し、そこに我々の持つ開発品を1つだけを導出して、新会社からは従来の契約一時金、マイルストーン、ロイヤルティの他に株式を受け取るという方法も検討、実行してきました。こうすると、新会社は1つの開発品だけに集中するため、開発と関係ない経営上の理由での遅延・中止することがなく、また株式を受け取るので将来その会社が大成功した場合に多くのリターンも得られるといったメリットが生まれます。このような契約の最初の例が2019年のMedicxi社と共同で行ったOrexia社とInexia社の設立(参考)で、今年の1月にも発表の通り、Medicxi社がその後追加出資を行うなど開発が順調に進んでいます(参考)。今回のTempero Bio社は、このような取り組みの2つ目の例になります。

 

大手への導出がいいか、ベンチャーキャピタルと共同で新会社を設立する方がいいかは、対象とする病気の特性、一緒に使用される薬剤、相手となるベンチャーキャピタルの性質など多くの要素が絡むので、ケースバイケースで、正直申し上げて一概にどちらとは言えません。しかし今回、世界的大手製薬企業ノバルティス社の、元CEOであるジョー・ヒメネス氏が率いるAditum Bio社と我々がTempero Bio社を設立できたことは、我々のプラットフォーム技術(StaR/SBDD)から生まれた臨床試験中の開発品が、世界で見ても一定以上のポテンシャルを持っていることの証左だと考えています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【用語解説】

ベンチャーキャピタル・・・主に上場前の高い成長が見込まれるベンチャー企業に投資する会社。投資の対価として株式を取得し、将来的にそのベンチャー企業がIPOすることや他社にM&Aされることなどで、株式売却益を得ることを目的とする。単純な投資と同時にハンズオン支援(密接な経営のサポート)を行い、投資先企業の価値を高める。

 

202012月期の進捗(主に今期収入と関連するものを主に抜粋)】

(発表日)                                 (内容)                                                      (今期PLの売上げと関連する部分)

625 参考/2Q           アッヴィとの新規創薬提携                      複数年で受領する契約一時金と初期マイルストーン合計:最大 32 百万ドル

629 参考/2Q           エナジアが日本で承認を取得                  マイルストーン:1.25百万ドル

77  参考/3Q           エナジアが欧州で承認を取得                  マイルストーン:5百万ドル

928 参考/3Q           ファイザー社が臨床試験を開始              マイルストーン:5百万ドル

112 /4Q           HTL0014242Tempero社に導出                契約一時金:非開示(今回)

Monday, September 28, 2020

ファイザー社が新たに臨床試験を開始!

みなさんこんにちは。

IR&コーポレートストラテジー部長の野村です。

 

本日リリースの通り、ファイザー社が我々との提携で生まれた新薬候補の臨床試験を開始しました(参考)。我々のプラットフォーム技術から、また1つの新薬候補がヒトの試験に進み大変うれしいです。将来薬となって、病気で苦しむ患者さんのお役に立つことを心から願っています。

 

さて、リリースにも書いた通り、StaR技術/SBDDから生まれて臨床試験に進んだプログラムはこれで8個目になります。

8個の内訳は以下の通りです。

 

【当社のStaR技術/SBDDから臨床試験に進んだプログラム】

  (開発品)               (ターゲット)        (対象疾患)                                         (提携先)                             (開発段階)

1. AZD4635                     アデノシンA2a      前立腺がん/複数の固形がん             アストラゼネカ社                       Phase2

2. HTL0016878               ムスカリンM4      アルツハイマー病                                 アッヴィ社                                    Phase1

3. HTL0018318               ムスカリンM1      アルツハイマー病                                 アッヴィ社                                    Phase1(自主中断中)

4. HTL0009936               ムスカリンM1      アルツハイマー病                                 アッヴィ社                                    Phase118318と異なるプロファイル

5. PF-07081532               GLP-1                      2型糖尿病/肥満                                    ファイザー社                                Phase1

6. 非公開                        非公開                        非公開                                                        ファイザー社                                Phase1 (今回)

7. HTL0014242                mGlu5                     神経障害                                                   探索中/交渉中                              Phase1

8. HTL0030310                SSTR5                      内分泌障害                                               探索中/交渉中                              Phase1


StaR技術/SBDDから生まれた新薬候補の最初の臨床試験(HTL0009936)は2013年末でしたので、それ以来、平均して年1個以上の新薬候補が臨床試験に進んでいることになります。これは、StaR技術/SBDDが非常に実効性の高い創薬プラットフォーム技術であることの何よりの証拠だと思っています。

 

今回のファイザー社の新薬候補について残念ながら対象の病気やターゲットは公表できませんが、ファイザー社は自社のパイプラインを以下のHPで公開しています。ご興味があればご覧ください。(現時点の最終更新日は7月なので今回の新薬候補はまだ掲載されていませんが、いずれ掲載されると思います)

https://www.pfizer.com/science/drug-product-pipeline

 

尚、リリースの通りですが、今回の新薬候補は20196月に臨床開発候補物質として特定され、3百万ドルを受領していたものです(参考)。今回の臨床試験の開始で我々はさらに5百万ドルをファイザー社から受領します。また参考までに、202012月期に発表している進捗を最後に書きます。

 

今後とも、どうぞよろしくお願いします!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 【用語解説】

臨床試験・・・ヒトを対象として、新薬候補(弊社と関係は薄いですが医療機器の場合もあります)の有効性や安全性を検討するための試験のこと。通常は試験管内(in vitro)での試験や動物試験などの、非臨床試験(≒前臨床試験)の後に行われる。臨床試験は概ねPhase1(フェーズⅠ)、Phase2(フェーズⅡ)、Phase3(フェーズⅢ)の3段階に分かれ、全ての試験をクリアすると承認申請、承認、販売へと進みます。

 

StaR技術・・・Stabilised Receptorの略。構造が不安定なため薬が作れなかったGPCRに対し、点変異を導入することで構造を安定化させる技術。その結果、対象となるGPCRの構造解析、試験管内(in vitro)でのスクリーニング、抗体医薬探索のための抗原としての活用、などが可能となり、結果として創薬が可能になる。

 

SBDD・・・Structure-Based Drug Designの略。ちょうどいい日本語はないが、一言でいえばIT創薬。従来の創薬手法であるランダムスクリーニング(創薬ターゲットに様々な化合物を試す方法)に比べ、結晶構造解析から得られた創薬ターゲットの3D構造を基に、コンピューターを使用して人工的に化合物を設計するので、創薬効率を大きく高められる可能性がある。

 

202012月期の進捗(主に今期収入と関連するものを抜粋)】

(発表日)                                 (内容)                                                      (今期収入と関連する部分)

625 参考                   アッヴィとの新規創薬提携                      複数年で受領する契約一時金と初期マイルストーン合計:最大 32 百万ドル

629 参考                   エナジアが日本で承認を取得                  マイルストーン:1.25百万ドル

77  参考                    エナジアが欧州で承認を取得                  マイルストーン:5百万ドル

928 参考                   ファイザー社が臨床試験を開始              マイルストーン:5百万ドル (今回)

Tuesday, September 8, 2020

IRチームからのご挨拶


みなさんこんにちは。

9/3日のリリースの通り、新たにIRチームの部長としてそーせいグループに加わりました野村広之進です。

入社して、今日でちょうど1週間が経ちました。


このブログには、今後も開示する程ではないけれど、そーせいを皆様にご理解いただくのに参考になることを書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!


さて、今日は自己紹介も兼ねて、少し私自身のこと、今考えていることを書かせてください。


私は、2015年1月から2020年8月まで、みずほ証券でバイオベンチャーを専門に分析するアナリストをしていました。その前は三菱総合研究所という会社でヘルスケア領域(バイオ含む)のコンサルタントを、さらにその前は東北大学の薬学部・薬学研究科でバイオテクノロジーの研究を修士までしていました。合わせると、かれこれ15年くらいはバイオに携わっていることになります。


バイオ技術の面白いところは、最先端の研究でこれまでの常識が180度覆ったり、不可能が可能になったりと、日々ダイナミックな前進を繰り返していることだと思っています。皆さんの中にも、iPS細胞や免疫チェックポイント阻害薬の発見など、日本人研究者の方がノーベル賞を受賞したニュースを見て、その研究内容にワクワクした方が少なからずいらっしゃるものと思います。

一方で、少し残念なこともあります。ノーベル賞など一部の例外を除いて、最先端の研究のほとんどが世の中に知られていないか、知られてもその内容が正確に伝わりにくいことです。勿論、専門的なので細部を理解するのは大変ですが、それでも最先端の研究がどうなっていて、それが私たちの生活をどう良くする可能性があるのか、ということには、興味を持つ方も多いのではと思います。


私は、実はそーせいヘプタレスの持つテクノロジープラットフォームも、このように理解されにくいテクノロジーの一つだと思っています。「再生医療」や「遺伝子治療」など比較的治療のイメージが湧きやすい技術に比べ、そーせいヘプタレスの持つテクノロジーを説明すると、GPCR、結晶構造解析、SBDD...ちょっと聞いているだけでは何を言っているかわからない用語が、どうしても沢山出てきてしまうからです。

この辺の説明は今後じっくりやらせていただきたいのですが、私の役割は、まずはこれらの技術を皆様に分かりやすい形で説明していくこと、そして何よりそれがどのように事業としての競争力、将来の価値につながっていくか、ということを包み隠さず正直に皆様にお伝えすることではないかと思っています。


少し長くなってしまいましたが、まずは皆様へのご挨拶を兼ねまして、今考えていることを正直に書かせていただきました。


今後とも、どうぞよろしくお願いします!


【用語解説】

GPCR・・・Gタンパク質共役受容体(G Protein-Coupled Receptor)の略。現在発売されている医薬品の約4割がGPCRをターゲットとしている通り、最もメジャーな創薬ターゲットとして知られる。生体内では約800種類が存在、主には生体内のシグナル伝達に関わっている。そーせいヘプタレスはStaR技術(Stabilised Receptor技術)を使ってGPCRを結晶構造解析(次を参照)することで、これまでにアプローチが困難だったGPCRへの創薬に挑戦している。


結晶構造解析・・・たんぱく質の3D構造を解明する方法。そーせいヘプタレスでは薬のターゲットとなるGPCRの結晶構造解析を行っている。3D構造が分かれば、その構造に合わせたSBDD(次を参照)が可能になる。GPCRは構造が壊れやすく結晶構造解析が難しいことから、構造を安定化させるそーせいヘプタレスのStaR技術を使うことで、解析が可能になる


SBDD・・・Structure-Based Drug Designの略。ちょうどいい日本語はないが、一言でいえばIT創薬。従来の創薬手法であるランダムスクリーニング(創薬ターゲットに様々な化合物を試す方法)に比べ、結晶構造解析から得られた創薬ターゲットの3D構造を基に、コンピューターを使用して人工的に化合物を設計するので、創薬効率を大きく高められる可能性がある。

Thursday, July 16, 2020

日経バイオテクにCEOロングインタビュー掲載中

7月13日から5回の連載で日経バイオテクONLINE(会員登録制)にCEOのロングインタビューが掲載されています。創業30年を迎え、CEO田村が創業から現在に至る長い足取りを振り返り、数々のエピソードを交えながら語っています。

日経バイオテク 2020.07.13 掲載:「そーせいグループの田村眞一会長兼社長に聞く」

Monday, June 22, 2020

創立30周年を迎えました

本日、当社グループは創立30周年を迎えました。

今日こうして30周年という節目を迎えられたのは当社に関わっていただいたすべての皆様のお陰です。心より感謝申し上げます。

「日本に軸足を置いた世界屈指のリーディングバイオ医薬品企業になる」という創業当時からの変わらぬビジョンのもと、世界中の患者さまに革新的な医薬品をお届けするためこれからも成長し続けます。どうぞこれからもご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。


Tuesday, February 18, 2020

機関投資家向け決算説明会を開催しました


213日の決算発表を受け、217日(月)、都内で機関投資家向け201912月期決算説明会を開催しました。

はじめに、執行役副社長CFO クリス・カーギルが登壇し、201912月期決算概況について、
当社の強みである創薬および初期開発に戦略的重点を置き、また厳格なコスト管理を実行したことで、業績の大幅転換を実現したことを日本語で説明しました。

また、2020年度についても、収益性を追求するスタンスを維持し、持続可能な成長戦略の実行を続けていくと話しました。

続いて、会長兼社長CEO 田村 眞一が、2019年度のビジネスハイライトについて、提携実績と現在のパイプラインの状況を説明し、生産性の高さを誇る当社グループ独自の創薬エンジンにより、有望な新規治療薬候補をより多く創出していることを強調しました。

さらに、2020年度の事業戦略として、創薬の王道である低分子に注力しながら、今後は治療領域を免疫系・炎症性疾患に絞っていくなど、当社の強みを生かし、より優位性の高い安定したビジネスモデルを遂行していくことを話しました。

会場には51以上の機関投資家やアナリストの方々にご参加いただき、プレゼンテーション後には約30分にわたる活発な質疑応答が交わされました。
週明けのお忙しい中、ご参加いただいた機関投資家やアナリストの皆様、ありがとうございました。

なお、本日使用した説明会資料は、こちらよりご覧いただけます。
動画は、本日中にアップロードする予定です。

Monday, January 20, 2020

J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに参加しました / The 38th J.P. Morgan Healthcare Conference


当社グループの副社長およびCFOであるクリス・カーギルが115日水曜日(米国太平洋標準時)、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催された第38J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに登壇し、プレゼンテーションを行いました。
同カンファレンスは、ヘルスケア業界最大の年次会議の一つで、今年は450を超える製薬会社を含む団体と、10,000人を超える投資家や役員が世界各国から参加しました。

Drug Discovery and Early Development targeting GPCRs”(『GPCRを標的とした創薬および初期開発』)と題したプレゼンテーションでは、当社のテクノロジーや戦略、基盤となる強み、ビジネスモデル、そして今後の展望についてご説明しました。
主な要旨は以下の通りです。

戦略について
・未だ約75%が未創薬であるGPCRを標的とした創薬には、大きな可能性が残されており、次の数十年において主要な医薬品となり得る
・当社はこの潤沢な機会、すなわち真に革新的な薬を患者さまに届けることのできる可能性をもった”high-hanging fruits”をとらえようと努めている
・当社のGPCRテクノロジーを用いたシンプルな企業戦略と核となる強みについて
 (1) StaR®技術によって、他社にはない大規模なGPCR創薬デザインが可能
 (2) 当社の核となる強みは創薬と初期開発
・当社は低コスト、高価値セグメントに注力し、価値の高い提携、および/または長期的投資プロジェクトに特化
・今後はアジアの新興バイオテク企業との提携により重点を置いていく

GPCR創薬および初期開発
AstraZeneca社、Allergan社、Pfizer社、第一三共株式会社を含め、これまでに多数の世界をリードする製薬企業とのパートナーシップを結んでいる(2019年の新たな提携については後述)
・テクノロジー主導型の創薬エンジンが提携先にとって魅力となっており、新たな技術連携や創薬能力をさらに高めるツールの導入を随時行っている
・こうしたアプローチにより、業界水準を2倍以上上回る生産性を誇る
・現在15を超える提携プログラムと、15を超える未提携プロジェクトが進捗中であり、2020年度は23の新たな価値の高い提携および/あるいは新規投資を目指す
・次の1218ヵ月で進捗を期待するプロジェクトについて(緑のマーク):QVM149、前立腺がんを対象としたA2a antagonist(拮抗薬)、Mプログラムの本年度再注力、Pfizer社との提携プログラム、Orexin agonists(オレキシン作動薬)、CGRP antagonist(拮抗薬)の臨床試験入り

2019年度の達成事項および2020年度の展望
2019年度はジェネンテック社および武田薬品との新たな提携、提携各社からのマイルストン受領、Medicxi社とのアセット特化型企業2社の設立を行った
・戦略の修正により、財務指標はより持続可能なものとなってきており、大幅な損失から黒字転換(201912月期第3四半期現在)。また、モメンタムを維持するためキャッシュ・ポジションは強固
2020年度は、創薬開発プロジェクトの新たな波を作り出し、さらなる新薬候補物質を創出し続ける。また、既存の提携プログラムの進捗と共に、世界的大手製薬企業との新たな提携を目指す

プレゼンテーション資料および音声へのリンクはこちらに掲載しております。
※2月3日(月)に日本語資料を公開いたしました。

音声(英語のみ)は、開催後30日間ご視聴いただけます。
初めてご視聴される際には、リンク先のページで”First Time Visitor”としてのご登録が必要です。


Chris Cargill, EVP, CFO at Sosei Heptares presented at the 38th J.P. Morgan Healthcare Conference on Wednesday, 15th January (Pacific Time) in San Francisco.
The annual conference is one of the most significant healthcare investment symposiums worldwide with more than 10,000 attendees and over 450 private and public companies this year.
At the presentation titled “Drug Discovery and Early Development targeting GPCRs”, Chris talked about the Company’s technology and strategy, core strengths, business model and the outlook ahead.

1) Strategy
- There remains a significant opportunity with GPCR drug discovery, approx. 75% of targets are yet to be drugged – these will be the major medicines of future decades
- We are hunting this huge opportunity, the “high-hanging fruits” with the potential to bring real innovative medicines to patients
- Simple corporate strategy that leverages our GPCR technology, and our core competencies
 (a) Technology is StaR® and it allows us to design drugs for GPCRs on a huge scale where others cannot
(b) Our core competencies are drug discovery and early development
- We focus on the low cost, high value segment – and are building a pipeline of high value partnered projects and/or long-term ventures
- Increased focus going forward to seek partnerships with emerging Asian biotech companies

2) GPCR Drug Discovery and Early Development
- Track record of attracting world-leading partners includes AstraZeneca, Allergan, Pfizer and Daiichi Sankyo, just to name a few (see 2019 achievement for more)
- Partners are attracted to our technology-led discovery engine, constantly pursuing new technology collaborations and acquiring tools to improve our discovery capabilities
- This approach drives industry-leading rates of productivity (more than double the industry standard)
- 15+ partnerships programs and 15+ unpartnered projects are under progress, and we aim to execute 2-3 new high-value partnerships and/or novel ventures in 2020
- Projects to watch in the next 12-18 months (green check mark): QVM149, A2a antagonist in prostate cancer, M projects will gain renewed focus this year, partnered programs with Pfizer, Orexin agonists, CGRP antagonist into clinical studies

3) 2019 Achievements, Financials, and 2020 Outlook
- 2019 Achievements: new partnerships with Genentech and Takeda, milestones payment from existing partners, established two asst-centric companies with Medicxi
- Revised strategy is driving more sustainable financial metrics, with the Company eliminating large losses and turning profitable (as of Q3 2019) with a strong cash position to maintain the momentum
- In FY2020 we expect to seed new wave of pre-discovery projects, continue delivery of novel candidates, make progress in existing partnership programs while seeking new collaborations/partnerships with world leaders

Please find the full presentation materials and the webcast link on our website page “Presentations andWebcasts”.
To watch the webcast, please go to the link and fill out information as “First Time Visitor”. The webcast would be available for 30 days after the conference.