Sunday, January 19, 2020

J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに参加しました / The 38th J.P. Morgan Healthcare Conference


当社グループの副社長およびCFOであるクリス・カーギルが115日水曜日(米国太平洋標準時)、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催された第38J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに登壇し、プレゼンテーションを行いました。
同カンファレンスは、ヘルスケア業界最大の年次会議の一つで、今年は450を超える製薬会社を含む団体と、10,000人を超える投資家や役員が世界各国から参加しました。

Drug Discovery and Early Development targeting GPCRs”(『GPCRを標的とした創薬および初期開発』)と題したプレゼンテーションでは、当社のテクノロジーや戦略、基盤となる強み、ビジネスモデル、そして今後の展望についてご説明しました。
主な要旨は以下の通りです。

戦略について
・未だ約75%が未創薬であるGPCRを標的とした創薬には、大きな可能性が残されており、次の数十年において主要な医薬品となり得る
・当社はこの潤沢な機会、すなわち真に革新的な薬を患者さまに届けることのできる可能性をもった”high-hanging fruits”をとらえようと努めている
・当社のGPCRテクノロジーを用いたシンプルな企業戦略と核となる強みについて
 (1) StaR®技術によって、他社にはない大規模なGPCR創薬デザインが可能
 (2) 当社の核となる強みは創薬と初期開発
・当社は低コスト、高価値セグメントに注力し、価値の高い提携、および/または長期的投資プロジェクトに特化
・今後はアジアの新興バイオテク企業との提携により重点を置いていく

GPCR創薬および初期開発
AstraZeneca社、Allergan社、Pfizer社、第一三共株式会社を含め、これまでに多数の世界をリードする製薬企業とのパートナーシップを結んでいる(2019年の新たな提携については後述)
・テクノロジー主導型の創薬エンジンが提携先にとって魅力となっており、新たな技術連携や創薬能力をさらに高めるツールの導入を随時行っている
・こうしたアプローチにより、業界水準を2倍以上上回る生産性を誇る
・現在15を超える提携プログラムと、15を超える未提携プロジェクトが進捗中であり、2020年度は23の新たな価値の高い提携および/あるいは新規投資を目指す
・次の1218ヵ月で進捗を期待するプロジェクトについて(緑のマーク):QVM149、前立腺がんを対象としたA2a antagonist(拮抗薬)、Mプログラムの本年度再注力、Pfizer社との提携プログラム、Orexin agonists(オレキシン作動薬)、CGRP antagonist(拮抗薬)の臨床試験入り

2019年度の達成事項および2020年度の展望
2019年度はジェネンテック社および武田薬品との新たな提携、提携各社からのマイルストン受領、Medicxi社とのアセット特化型企業2社の設立を行った
・戦略の修正により、財務指標はより持続可能なものとなってきており、大幅な損失から黒字転換(201912月期第3四半期現在)。また、モメンタムを維持するためキャッシュ・ポジションは強固
2020年度は、創薬開発プロジェクトの新たな波を作り出し、さらなる新薬候補物質を創出し続ける。また、既存の提携プログラムの進捗と共に、世界的大手製薬企業との新たな提携を目指す

プレゼンテーション資料および音声へのリンクはこちらに掲載しております。
※2月3日(月)に日本語資料を公開いたしました。

音声(英語のみ)は、開催後30日間ご視聴いただけます。
初めてご視聴される際には、リンク先のページで”First Time Visitor”としてのご登録が必要です。


Chris Cargill, EVP, CFO at Sosei Heptares presented at the 38th J.P. Morgan Healthcare Conference on Wednesday, 15th January (Pacific Time) in San Francisco.
The annual conference is one of the most significant healthcare investment symposiums worldwide with more than 10,000 attendees and over 450 private and public companies this year.
At the presentation titled “Drug Discovery and Early Development targeting GPCRs”, Chris talked about the Company’s technology and strategy, core strengths, business model and the outlook ahead.

1) Strategy
- There remains a significant opportunity with GPCR drug discovery, approx. 75% of targets are yet to be drugged – these will be the major medicines of future decades
- We are hunting this huge opportunity, the “high-hanging fruits” with the potential to bring real innovative medicines to patients
- Simple corporate strategy that leverages our GPCR technology, and our core competencies
 (a) Technology is StaR® and it allows us to design drugs for GPCRs on a huge scale where others cannot
(b) Our core competencies are drug discovery and early development
- We focus on the low cost, high value segment – and are building a pipeline of high value partnered projects and/or long-term ventures
- Increased focus going forward to seek partnerships with emerging Asian biotech companies

2) GPCR Drug Discovery and Early Development
- Track record of attracting world-leading partners includes AstraZeneca, Allergan, Pfizer and Daiichi Sankyo, just to name a few (see 2019 achievement for more)
- Partners are attracted to our technology-led discovery engine, constantly pursuing new technology collaborations and acquiring tools to improve our discovery capabilities
- This approach drives industry-leading rates of productivity (more than double the industry standard)
- 15+ partnerships programs and 15+ unpartnered projects are under progress, and we aim to execute 2-3 new high-value partnerships and/or novel ventures in 2020
- Projects to watch in the next 12-18 months (green check mark): QVM149, A2a antagonist in prostate cancer, M projects will gain renewed focus this year, partnered programs with Pfizer, Orexin agonists, CGRP antagonist into clinical studies

3) 2019 Achievements, Financials, and 2020 Outlook
- 2019 Achievements: new partnerships with Genentech and Takeda, milestones payment from existing partners, established two asst-centric companies with Medicxi
- Revised strategy is driving more sustainable financial metrics, with the Company eliminating large losses and turning profitable (as of Q3 2019) with a strong cash position to maintain the momentum
- In FY2020 we expect to seed new wave of pre-discovery projects, continue delivery of novel candidates, make progress in existing partnership programs while seeking new collaborations/partnerships with world leaders

Please find the full presentation materials and the webcast link on our website page “Presentations andWebcasts”.
To watch the webcast, please go to the link and fill out information as “First Time Visitor”. The webcast would be available for 30 days after the conference.